大阪府 雨漏り修理単価 FRP防水工事 環境エコ対策防水工事など。防水工事の【奥田工業所】

大阪府の防水工事、補修工事、塗装工事、奥田工業所 大阪府の防水工事は0120−85−8699まで。
Home 会社概要 防水工事スタッフ紹介 サイトマップ 防水工事リンク集 防水工事無料相談
外壁改修工事
防水工事がマンガでわかる! 防水工事がマンガでわかる!
 
防水工事がマンガでわかる! 防水工事がマンガでわかる!
 
 
 
定期的な外壁改修工事が、ビル・マンションの資産価値を高めます。
建物の外壁タイルが剥落(落下)してしまい、人身事故や器物破損を起こしてしまったら、それはその建物の持ち主の責任となります
剥落が起こる前にはヒビ割れやタイルの”浮き”などが発生しており、定期的な調査・診断を行うことで前兆を早期発見することにより、剥落事故を未然に防ぐことができるでしょう。
外壁チェックへ

建物の劣化はこんな所から始まります。
1.ひび割れ
夏の太陽光・冬の降雪、雨天など、様々な要因によって外壁は劣化していき、ヒビが発生しています。
2.塗装の劣化
塗装の劣化は、外壁損傷の第一段階です。
3.著しい汚れ
防水効果が下がってきています。景観も悪くなりますので、早期修復をお勧めします。
4.鉄部のサビ
非常階段や屋上の手摺のサビは放置されがちです。 腐食がひどくなる前に、調査が必要でしょう。

5.チョーキング
塗装剤は年月が経つと多少は劣化してしまい、チョーキング(粉っぽくなる)を起こしてしまいます。
6.シーリングの劣化
タイルとタイルの間をつなぐシーリング剤は、気温や季節の変化によって徐々に薄れていってしまいます。
7.外壁タイル剥落
外壁タイルの”浮き”が起こり接着強度が落ちたことによってタイルが剥落(落下)しています。
8.外壁タイル剥落
外壁の状態がさらに悪くなると、大規模な落下に繋がります。早急に修理しなければなりません。



外壁改修事例
CASE1
汚れ・ヒビ割れ・タイル剥落など、外壁も経年により次第に劣化していきます。 建物内への雨漏りを防いだり、周囲からの景観維持のためにも、定期的な外壁改修工事が必要となるでしょう。


→工事実績と、料金例をしらべる。



外壁劣化診断チェックフロー
自己診断チェックリスト
建物の劣化が気になる
1.建物の築年数が15年以上 or改修後10年以上経過 ・・・・・・・・・

2.外壁にヒビ割れがある ・・・・・・・・・

3.塗装が剥げている ・・・・・・・・・

4.塗装が浮いている ・・・・・・・・・

5.外壁の汚れが気になる ・・・・・・・・・

6.サビが見られる ・・・・・・・・・

7.外壁内部が露出している ・・・・・・・・・
※2個以上のチェックがある方には無料診断をおすすめします。
   
無料診断(電話・メール・FAX)
メール・FAXでのご相談には、ご連絡日より2日以内に回答いたします。
お急ぎの方は、お電話
【06-6901-1155】でご連絡ください。
現地診断(無料)とその結果について、丁寧に報告およびアドバイスをいたします。

 →問い合わせ後の流れについて、もう少し詳しく見てみる。







住まいでお悩みの方は、私達が解決します。大阪府防水工事の奥田工業所。